ゴルフ 100切り

ゴルフで100を切る為の3つのポイント

ゴルフをはじめて、ある程度慣れてくるとゴルフコースを回れるようになります。

ゴルフが上達して、ある程度自分のプレイができるようになってくると、ある壁にぶつかります。

それは、「スコア100が切れない」という壁です。

110や120くらいのスコアで伸び悩んでいる人は意外と多いです。

アベレージで100を切るようになるためのポイントは3つです。

1、どのコースでもフェアウェイに飛ばす、ティショットの打ち方を覚える。
2、どの足場からでもグリーンオンさせる、アプローチの型を覚える。
3、パッティングを2パットでカップインさせる、コツを覚える。

ゴルフ100切り

100を切るにはどこを気をつけないといけない?

100を切るには、飛距離より丁寧さを心掛けて下さい。

いいスコア(良い時の原因、悪い時の原因を追究することがさらなる好成績に繋がるでしょう)を出すために、飛距離を伸ばし、できるだけカップに近づけようとしていないですか?

勿論、ゴルフでは飛距離は非常に大切です。

しかし、よく飛べばいいと言うわけではありません。

落ちる位置が平らではなかった場合には、次のショット(スポーツ競技における打撃行為のことをいいます)が難しくなってしまうものです。

常に次のショット(いいショットをするためには、フォームが大切だといわれています)のことを考えることが、ゴルフのスコア(何かの試験やゲーム、スポーツの試合などの得点のことをいいます)をよくする為には必要となってくるでしょう。

バーディーやイーグルをとりたいと思いますよ?

ですが、スコア(スポーツで試合の途中経過などを詳しく記した表をいい、試合後の検討などに使用します)だけを見るのであれば、全てボギーをとってもいいかにいの気持ちで周りてください。

アマチュアのほうが100を切るスコア(上達してくると、伸び悩んでしまってなかなか壁を破れなくなるものです)を出すのはたいへん凄いことで、なかなかできることではありません。

特に、バーディーやイーグルなどを出すには、かなりのテクニック(方法や技術といった意味で使われている言葉ですね)が必要です。

ですので、基本的にはパーを目標に、一打一打丁寧なショット(スポーツ競技における打撃行為のことをいいます)を行いましょう。

調子が悪い時こそ、刻んでいくといいのかもしれません。

クラブ選びも重要度が高いでしょうが、それ以上にフェアウェイやグリーンの状態をよく確認すると良いスコア(継続して記録をとり続けていくと、成長や変化を振り返ることができます)が出ます。

集中力(注意欠陥・多動性障害である場合、集中力を維持するのが難しいといわれています)を切らさないように、精神面を鍛えるのも有効でしょうよ・

初心者の戦略

まず最初に、コースの組立についてなのですが、100を切るためには、「無駄なショット(打撃行為だけでなく、打球そのものを指す場合もあります)は打たない」と言う点もが絶対に必要になります。

しかし、18種類のコースがある中で、得意なコースと苦手なコースがあるのは、人間ですから仕方のない事だと思います。

そこで、あらかじめ各コースの特徴をつかみ、どこで打数を稼ぐかを考えなければダメです。

また、ショットにおいては、不得意なショットをすれば必ず打数が増えますので、それを省くように心がけて、逆に得意なショット(いいショットをするためには、フォームが大切だといわれています)を増やすようにします。

つまり、目先のことだけでなく、先々のことまで考えてプレイすると言うことなんです。

次に、練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)についてなのですが、先述のコースの組立を実現する為には、ショット(スポーツ競技における打撃行為のことをいいます)の安定性が欠かせません。

そのためにも、練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)第一です。

得意なショット(いいショットをするためには、フォームが大切だといわれています)の確実性を上げる練習も大事なのですが、やはりそれだけの事でコースを回るというのは困難なものです。

なので、苦手なショットをほんの少しでも底上げすると言う事も重要です。

さいごに、コンディションだからって、本気で100を切りたいのであれば、体調管理も大切です。

コンディションは必ずプレイに影響しますので、くれぐれも気をつけましょう・



TOP PAGE